トップページ > 会社概要 > 社名の由来

社名の由来

創業の想い

当社は創業者である、現会長中村勉により、昭和44年に開成町に工場を借りて、個人事業として出発しました。貧しい中から裸一貫でスタートし、様々な方のお力添えで今日までくることができました。

振り返ると昭和46年、有限会社として組織することになり、初めて社名を考えることになりました。

南足柄市で育ち、ゆくゆくは南足柄市にも工場を持つようになりたいとの夢を持っていた中村は南足柄市の「南」と、創業の地である開成町の「開」をとり「南開工業」と社名を決定しました。

その後、お客様、地元の皆様、そして小さい会社ながら夢を持ちながら仕事を懸命に進めてきた社員の努力の結果、昭和54年に南足柄市壗下に本社工場を建設、さらに昭和58年に宮台工場が建設され、社名の実現となりました。

中村は、創業時工場を建てる土地をお借りすることから苦労していた中、地元の方が「あなたになら貸してあげよう」ということでご支援をいただきました。そこが原点となり今日まで参りました。そのため、社訓にもあります「地域の人から愛される会社にする」ことをさらに強く決意し、今後はさらに、この南開工業がより多くの地域で地元を愛する会社であり、そして愛される会社となるよう社員一同精進してまいります。

ページの先頭へページの先頭へ